Wirecastと接続する

準備

  • 設定用PCを用意してください。設定用PCはWirecastをインストールしているPCでも問題ありません。
  • 設定用PCに最新版の「FlexTally Utility」のインストールを行ってください。インストール方法はこちら。
  • ステーションのファームウェアアップデートを行ってください。アップデート方法はこちら。
  • ランプの充電を十分に行ってください。
  • ステーションとランプの接続を行ってください。接続方法はこちら。
  • ステーションのDIPスイッチの1番をONにして接続方法を「Ethernet」にしてください。

設定方法

  1. 各ランプ背面の設定スイッチを、利用するチャンネル分設定してください(設定方法はこちら)
  2. ステーション、WirecastをインストールしたPCを同一のLAN内に設定してください。
  3. ステーションにACアダプタを接続し、各ランプの電源を入れてください。電源が入るとステータスLEDが青色に点灯します
  4. FlexTallyUtilityを起動する前にWirecastを起動してください。
  5. FlexTally Utilityを起動し「Search for Station Units」を選択します。ステーションが見つかるとステーションのIPアドレスが表示されるのでそちらを選択します。
  6. 「Switcher(ETH mode)」を選択します。
  7. 「Wirecast」を選択します。
  8. 「Switcher IPAddress:」へWirecastがインストールされているPCのIPアドレスを入力してください。
  9. 続いてランプの設定を行います。「FlexTally For Wirecast」を起動し、設定を行いたいランプの「Unset」を選択してください。
  10. 「Select Shots」が起動しますので、ランプに設定したいショットを選択し「OK」をクリックしてください。ここでは例としてStation ID 0のCH1に対してLayer:1 Picture1.pngを設定します。
  11. 正しく設定が行われると「Unset」が「Set」に変わります。他のランプに対しても同様に設定を行ってください。
  12. ランプの電源ボタンを長押ししします。電源が入るとステータスLEDが青色に点灯します
  13. 設定完了後Wirecastにてトランジションやプレビュー選択を行い、ランプが点灯するか確認を行ってください。正しく設定が行われると「FlexTally For Wirecast」上のランプ色表記も赤・緑に点灯します。
  14. ランプ設定を保存する場合には「FlexTally For Wirecast」内の「Save」にて保存が可能です。保存した設定を読み込むには「Load」で設定ファイルの読み込みをおこなってください。

トラブルシューティング

  1. エラーが発生しステーションのファームウェアアップデートができない
    →FlexTallyUtilityを管理者権限で起動してください。
  2. ステーションと接続ができない
    →DHCPではなく固定IPに設定を変更してください。設定方法はこちら。
  3. FlexTally For Wirecastでランプの設定ができない。
    →「FlexTallyUtility」の「Switcher IPAddress」で入力したIPアドレスに間違いがないかご確認ください。