Blackmagic Design製 ATEMと接続する

準備

  • 設定を行うためのPCを用意してください。
  • 設定用のPCに「FlexTally Utility」のインストールを行ってください
  • 設定用のPCに「ATEM Software Control」「ATEM Setup」のインストールを行ってください
  • ランプの充電を十分に行ってください
  • ステーションとランプの接続を行ってください。接続方法はこちら
  • ステーションのDIPスイッチの1番をONにして接続方法を「Ethernet」にしてください

設定方法

  1. 各ランプの背面の設定スイッチを、利用するチャンネル分設定します(設定方法はこちら
  2. ステーション、ATEM、設定用PCを同一のLAN内に設定します
  3. ステーションにACアダプタを接続し、各ランプの電源を入れます。電源が入るとステータスLEDが青色に点灯します
  4. 「ATEM Setup」からATEMのIPアドレスを調べます
  5. 「FlexTally Utility」から「Search for Station Units」を選択します
  6. ステーションが見つかるとステーションのIPアドレスが表示されるので、押下します
  7. 「Switcher (ETH mode)」を選択します
    utility_4
  8. 「Blackmagic Design ATEM Series」を選びます
  9. 「ATEM Setup」で調べたATEMのIPアドレスの設定を入力し、OKを押します
  10. ランプの電源ボタンを長押ししします。電源が入るとステータスLEDが青色に点灯します
  11. 「ATEM Software Control」からATEMのチャンネルをスイッチングし、各ランプが反応することを確かめます

注意事項

  • 「FlexTally Utility」の「TestLamps」はATEMの影響を受けるので、ATEMがつながっていない状態でテストしてください